合意形成の実務支援(コンサル&ファシリテーション)を行います。

◆難しい社会課題に対してみんなの力を結集したい

◆多様な関係者の意向を大事にして政策、計画をつくりたい

◆対立が生じそうな公共事業、公益事業を遂行したい(既に対立が生じている)

◆地域住民の方への説明や意見交換をより適切に行いたい

◆ファシリテーターを探している

など、合意形成実務でお悩み・お困りの際は、お気軽にご相談ください。

 


 

社会的合意形成の実務支援

サービス・メニュー

 


 

|1.合意形成実務のガイダンス(DVD、研修)

合意形成の実務を行う方が、混沌となりがちな合意形成現場で必要な情報を整理し、今後の課題を明らかにするために、「実務者必見!まずはここから『合意形成実務のガイダンス』DVD」をご用意いたしました。ナレーションにそって「5つの質問」にご回答いただくだけで、合意形成の考え方と具体的な作業に対する理解を促進します。また、実施方針のブレ、余分な作業、後手の対応、手戻り等を防ぐことができるようになります。利害関係者にしっかりと向き合う余裕が生まれますので、極めて生産性の高い実務を行うことができるようになります。

詳細はこちら

同様の内容で個人向け研修「合意形成実務のガイダンス研修(Ba講座)」も実施しております。

詳細はこちら

 

|2.はじめてのご相談

個別案件に対して、背景や目的、現状、お考え等をじっくりお聴きします。その後、問題解決に向けた具体的な方針、方策、行動計画等を、実務者チームの皆様の情報共有や意思疎通を図りながら一緒に考えます。ご不安やご懸念事項が一番多い時期かと思いますので、とても大事にしています。

事前に1の「合意形成実務のガイダンス(DVD)」をご視聴いただき、「5つの質問」にご回答をいただきますと、理解のフォローや追加の質問をさせていただきながら短時間で問題の本質に迫ることができますが、お急ぎの際はどうぞこちらからお気軽にご利用ください。

詳細はこちら

 

|3.プロジェクトベースの合意形成トレーニング

社会的合意形成を必要とする特定案件の問題解決に向けて、社会的合意形成の基本的な考え方、実務者としてのあり方、コミュニケーション技術の必要な部分をカスタマイズしてご提供する研修プログラムです。スタッフ全員で基礎情報と目指すところを共有し、日常的なコミュニケーションを図りやすくします。組織内部の合意形成やチームビルディングができると、実務の生産性が高まるだけでなく、対外的な信頼を得られやすくなりますので、社会的合意形成が円滑に進みより大きな効果を得ることができます。

詳細はこちら

 

|4.ステークホルダー調査 と 合意形成プロセスの設計

合意形成を行う前に、主たる利害関係者(ステークホルダー)に聞き取り調査を行い、関心事項を整理分析し、合意に向けた提案を行います。また、実情に即した合意形成プロセス(提供すべき情報、論点、コミュニケーションの方法)を設計します。これより、多くの利害関係者に満足・納得していただきやすい選択肢の検討や議論の場を企画運営しやすくなります。

お問合せ

 

|5.合意形成現場でのコミュニケーション支援

社会的合意形成の実施時に詳細なコミュニケーションのプロセス設計参加型会議の企画運営ファシリテーション(話し合いの場の進行促進役、コミュニケーションの潤滑油)その他その時に必要なことを行います。利害関係者との信頼関係を育みながら、情報の効率的な発信・交流・収集・生産・伝承を促します。また、イベントのふりかえり、政策や事業の評価、報告、引継、担当者が所属する組織の学習の支援も行います。

お問合せ

 

 


オプション・メニュー


|6.社会的リーダーのためのコーチング

難しい社会問題の解決に挑戦する社会的リーダーの方々にコーチング(60分×5回程度 )を行います。ご自分の/ご自分達のエフィカシー(自己能力の自己評価)が高まりますので、今までとは全く異なる情報収集と意思決定ができるようになり、個人も社会全体もハッピーになるような高いゴールの実現をスピーディーに促します。

お問合せ