◆ねらい

市民参加協働型社会の到来により、子育て、環境、福祉、まちづくり、インフラ等多様な分野において、社会的合意形成が必要とされています。このため実務を遂行する行政職員、公益事業者、コンサルタントの方々には、社会的合意形成に対する理解と、事業を円滑に推進するための高度なコミュニケーション技術(聴く技術、意見聴取・整理・分析、プロセス設計、参加協働の場づくり等)が求められています。本研修では、社会的合意形成に携わる実務者の方々が、基本的な考え方、実務者としてのあり方、コミュニケーション技術を習得されることをねらいとしています。

◆対象

社会的な合意形成に関する一般的な知識・技術を習得されたい方

◆特徴

社会的合意形成の理念、倫理、基礎知識、コミュニケーション技術をはじめ、実務者としての場づくり感覚や各局面でのノウハウを効率的かつ効果的に習得するため、本研修には3つの特徴があります。

 ①即実務に役立つ研修内容

  1. 理念系・・・社会的合意形成の理念、実務者の倫理など
  2. 知識系・・・社会的合意形成の歴史的背景、基本的な考え方、国内外の事例など
  3. 技術系・・・ファシリテーション、利害関心分析、適動設計、協働の質の評価など

 ② 気づきを通じて体得する研修スタイル

  1. 参加者主体の場づくり・・・アイスブレイク、グループワーク、全体討議など
  2. ファシリテーション体験・・・聴く、ファシリテーション・グラフィック、参加型会議の企画運営など
  3. 合意形成演習・・・仮想事業を想定した合意形成シミュレーションなど

 ③ 社会的合意形成の現場支援、人材育成、研究開発に携わる講師

  1. 最新事例の紹介(構想段階からの社会的合意形成、公共施設・インフラの維持管理、迷惑施設の建設の等)
  2. 参加者が抱える実務課題への助言
  3. 社会の長期的リスクと今すべき対応策(人口減少、インフラの老朽化、気候変動へ適応等)

このような研修を通じたコミュニケーション能力の向上により、社会的合意形成の実務以外にも、日常業務や会議運営の円滑化が副次的な効果として得られます。

◆研修内容

本研修は、お客様のご要望に応じて、各ユニットを組合せることができます(例:「社会的合意形成の基礎」+「実務課題の解決に向けて」)。1ユニットは1~3時間です。一般的なコミュニケーション力向上のため、「ファシリテーション」のみのご受講も可能です。お気軽にご相談ください

ユニット名 内容
社会的合意形成の基礎 社会的合意形成の事例、基本的な考え方、必要な技術、歴史的背景、今後の課題等を講義、映像、小ワーク、ディスカッション等を通じて学びます。
理念と実務者倫理 実務者として、どのように考え行動したらよいか、参加者同士の議論を通じて、理念、倫理を確認します。
聴く姿勢 最も基本である「聴く」姿勢を確認します。積極的な「聴く」、自分らしい「聴く」、合意形成に必要な「聴く」を体験しながら、自然にできるようにします。
ファシリテーション(1) 講義と小グループでの話し合いの体験、ふりかえりを通じて、ファシリテーションとは何かを学びます。
ファシリテーション(2) 社会的合意形成に必要な意見集類・統合、新たな情報の生産、全体の構造化を行うラベルワーク手法を習得します。
利害関心分析(1) 合意形成において最も重要なステークホルダーへの意向聴取、利害関心分析、合意に向けた提案を学びます。(1)では、利害関心分析の基本的な考え方を学ぶため、身近な合意形成を題材とした演習を行います。
利害関心分析(2) 合意形成において最も重要なステークホルダーへの意向聴取、利害関心分析、合意に向けた提案を学びます。(2)では、社会的な合意形成を題材とした演習により、より複雑な合意形成学びます。
参加型会議の企画運営(1) 参加者の情報発信、交流、生産、伝承を促す参加型会議の企画運営方法を学びます。(1)では、参加者同士コミュニケーションを図りながら、参加型会議の企画として、目的、参加者、提供情報、論点、議論の方法等を考えます。
参加型会議の企画運営(2) 参加者の情報発信、交流、生産、伝承を促す参加型会議の企画運営方法を学びます。(2)では、参加型の模擬会議を実施し、そのふりかえりから、企画運営方法を再考します。
プレゼンテーション 住民説明会等で、伝えるべき情報と住民の方が必要とする情報を、住民の方が理解しやすいようにプレゼンテーションする方法を学びます。
合意形成のプロセス設計 社会的合意形成に必要な提供情報、論点、コミュニケーションの図り方を学びます。とくに、コミュニケーション手法は、審議会、ワークショップ、ヒアリング、アンケート、シンポジウム、ホームページ、回覧板等多々存在するため、誰に対してどのタイミングでどのようにコミュニケーションを図るか予めプロセスマップとして表現します。
評価 実施した取り組みをふりかえり、今後に繋げるための自己評価(実施した事業に対する評価、将来ビジョンに照らした評価)を参加型の会議等を通じて行います。コーチングの技術を取り入れ、コレクティブエフィカシー(集団のゴール達成に対する自己評価)を高め、さらに高いゴールの実現を促します。
実務課題の解決に向けて 参加者が抱える社会的合意形成の実務課題を中心に、課題の解決に向けた議論を行います。

 

◆実績

愛知県、三重県、名古屋市、岐阜市、国土交通大学、建設コンサルタント、公益団体、障害者福祉事業所、NPO、他多数。

お問合せはこちら